メニュー

ニキビ・ニキビ跡

約7割の方が、ニキビと同時にニキビ跡にもお悩みです。
美容皮膚科では、ニキビを治すことはもちろん、ニキビ跡を改善するところまで患者様に寄り添いながらサポートが可能です。

ニキビ跡とは?

ニキビ跡とは、ニキビが治った後に残る赤みや色素沈着、凹みなどを指します。

軽症のニキビの場合はニキビ跡を残さずきれいに治すことができますが、ニキビによってひどい炎症が起こると皮膚の奥までダメージが与えられ、なかなか消すことができないニキビ跡として残ってしまいます。

ニキビ跡を残さないためには、なるべくニキビの初期の段階で炎症を鎮めることが大切です。

当院ではニキビの段階から、正しい治療や日常のスキンケアをお伝えし、ニキビ跡をつくらないようにしています。

また、難治性ニキビに対してホルモン治療薬であるスピノロラクトンや低用量ピル等を処方しております。

ニキビ

ニキビ跡の種類とは?

ニキビ跡は、炎症性ニキビの発生や治癒の過程で、長期的に消えない「傷」や「色み」が顔に残っている状態です。
ニキビ跡にはいくつかのタイプがあり、それによって治療法が変わっていきます。

赤み

ニキビの炎症が跡として残っている状態です。
これは、ニキビの炎症を抑えるために毛細血管が患部に集中し、うっ血していることによるものです。

ニキビ跡の中でも比較的軽症で、肌のターンオーバーによって徐々に薄れていきますが、炎症がひどく皮膚の深い部分までダメージが与えられている場合は、時間が経過しても自然と赤みが薄れていくことが難しいと言われています。

ニキビと間違って潰そうとすると、肌をさらに傷つける可能性があり注意です。

色素沈着

ニキビの跡の色素沈着は、褐色や紫色のシミのように見えるのが特徴です。

ニキビができた部分は、肌のターンオーバーが乱れてしまい、古い角質の排出が上手くいきません。
そのためニキビの炎症から皮膚を守るためにメラニン細胞からメラニンが大量に作り出されたとしても、排出できずに色素沈着を起こしやすくなるのです。

摩擦や紫外線の影響など、肌への刺激によりさらに濃くなるリスクもあり、改善するためには肌を擦らないなど生活習慣の見直しも必要です。

皮膚の凹凸・クレーター

ニキビによる炎症を繰りかえすことで、ニキビの傷が真皮の深層に達して真皮を破壊してしまうことで発生します。それにより毛穴の構造自体が変わってしまい、皮膚が凸凹とした状態になってしまいます。

アイスピック型やボックス型など様々な種類があります。

眉間や鼻、こめかみなどがクレーターになりやすく、体質などにも関係します。

皮膚表面よりさらに深い真皮で起こることや、皮膚の構造自体が変化してしまっていることから、元の肌状態に再生するのは極めて難しくなります。

また、爪や不衛生な器具でニキビをつぶしたりすることもクレーターの原因になります。

しこり

ニキビ跡のしこりは、ニキビによる炎症が治まった後、肌の表面が固く膨らんだ状態です。痛みを感じることはありません。

ニキビの化膿が肌の深部まで達し、ダメージを受けた皮膚が真皮を修復しようと細胞を作り過ぎてしまうことが原因です。

ニキビの炎症が強く繰り返してしまった場合や、指についている細菌で二次感染し炎症が悪化した場合などに、細胞の過剰生成が生じ結果としてしこりが生まれてしまいます。

ケロイド

しこりの状態が悪化し、ミミズ腫れのようになってしまったのがケロイドです。

同じ場所に何度もニキビができてしまい、皮膚の再生を繰り返し行うことで次第に大きくなってしまったニキビ跡のことを言います。

皮膚の局所でコラーゲンが増え過ぎて塊を作っている状態であり、コラーゲンを減らして塊をほぐす必要があります。

治療としては、ステロイドの塗り薬、貼り薬などの他、硬いところに直接ステロイドを注射する方法があります。

フェイスラインや顎下など皮膚が常に張っている部位にできやすいのが特徴です。

自然治癒をする傾向がなく、周りの健常部にしみ出すように広がります。

ニキビ跡の治療とは?

ニキビ跡に対して当院でおこなう治療には多くの種類があり、自宅で行うものとクリニックにて行うものがあります。

①自宅での治療

ドクターズコスメの中でも特におすすめなのがゼオスキン。
ダウンタイムのある医薬品トレチノインを使用したセラピューティック治療から、ダウンタイムのない治療までご提供することが可能です。
経験豊富の医師が、治療中のトラブルにも迅速に対応いたします。
また、色素沈着を起こしてしまったニキビ跡には、「ハイドロキノン」を処方されるケースもあります。

➁クリニックでの治療

イオン導入

人の肌は、表面と角質層は酸性、その奥の顆粒層はアルカリ性になっています。
微弱な電流を流すことで、美白に効果的とされる「ビタミンC誘導体」や「トラネキサム酸」などがイオン化され、肌の深部にまで成分を浸透させることが可能となります。
化粧水を塗るケアに比べてイオン化された成分の浸透力は30~100倍とも言われており、赤み・色素沈着を起こしてしまったニキビ跡の改善に大きく貢献します。
ケミカルピーリングと併せて治療をするとより効果的です。

ケミカルピーリング

ピーリング治療は、専用の薬剤を皮膚に塗り一定の時間を置いてから薬剤を洗い流す方法で、古い角質や汚れなどを取り除き、肌の新陳代謝であるターンオーバーを促すことができます。これによって色素沈着を起こしている細胞が皮膚の表面に押し上げられ、角質となって剥がれ落ち、ニキビ跡が目立たなくなります。ピーリングは色素沈着を薄くするだけでなく、ニキビの予防にも効果的です。特に、マッサージピールとも呼ばれているコラーゲンピールは、肌質の改善におススメです。

光治療(セレックV)

ニキビそのものの治療の他、赤みの軽減やニキビ跡を目立たなくする作用があります。
炎症を起こしている部分にレーザーを照射することで、毛包内の細菌を抑えニキビを改善します。
ニキビ跡に関しては炎症を起こしている血管をレーザーによって収縮させ、コラーゲン増生作用でニキビ跡を徐々に目立ちにくくします。

ダーマペン4

専用機器を使用して皮膚に微細な穴を開けることで、肌の再生を促進し、しわ、たるみ、ニキビ跡、クレーター、凹凸などを治療可能です。
特にクレータータイプのニキビ跡におすすめ治療は、ヴェルベットスキン(ダーマペン+コラーゲンピール)です。
一度の治療でも効果を感じやすく、本気でニキビ跡の治療を始めたい方におすすめです。

ニキビ跡治療は、最短でも3か月程度、複数回の治療が必要です。

また顔だけでなく、背中やデコルテのニキビ跡の治療も可能です。

まずはお気軽にご相談ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME