メニュー

たこ・ウオノメ

たこ・うおのめ

たこやうおのめは足底、手足の指の間、足関節など一定の場所に摩擦や圧迫などの刺激が繰り返し加わることにより、角質が増殖して皮膚が厚く硬くなる病気です。医学用語ではたこのことを胼胝(べんち)、うおのめのことを鶏眼(けいがん)と呼びます。
たこは圧迫の加わる場所がある程度広い範囲で盛り上がり、一方でうおのめは分厚くなった角質の一部分が芯のようになり、平らで魚や鶏の眼のように見えます。

目次

たこ・うおのめとは?

主に足の裏に出来る固いできものです。
皮膚の一部に長時間刺激を受けた場合は、足は防御反応でたこやうおのめを作ってしまいます。これは表皮の一番外側の角質層がケラチンというタンパク質を余分に作り出し、圧迫や摩擦を受けているところを厚く覆って守ろうとすることによるものです。

 
 
たこは刺激を受けた辺り全体の皮膚が少し黄色味を帯びて厚く硬くなって盛り上がってきます。芯を持たないため、痛みを感じることはほとんどありません。生活習慣や職業、その人の癖などにより身体の様々な部位に生じます。指にはペンだこ、正座の多い人には座りだこというようにたこができる場所は足裏に限りません。

 

一方でうおのめは角質の一部分が芯のようになり、皮膚の奥へ向かって伸び神経を圧迫するため、歩行や圧迫により激しい痛みを伴うのが特徴です。時に感染し、蜂窩織炎や骨髄炎を引き起こし、重篤化することもあります。

子供の足にたこやうおのめが出来ることはまれで、ウイルス性のイボであることがほとんどです。

たこ・うおのめの原因とは?

足の裏にかかる体重のバランスが取れていない時に起こります。足の形に合わない靴や底の硬い靴を履くこと、足の一定の部位だけが圧迫されるような歩き方の習慣などにより、本来体重がかからない皮膚に負担がかかり、その部分の角質が固くなってしまいます。
主な好発部位は第2~第3足趾の付け根、足趾の側面です。

一番の原因はつま先の細いハイヒールを履くことです。踵が高くなることで、本来踵にかかるべき体重が足先にかかってしまいウオノメが出来やすくなります。またヒールは靴先が細く、足が左右から押される格好になります。この結果足趾の関節がこすれあい、足趾の横にウオノメができやすくなります。さらに長時間ヒールをはき続けることによって外反母趾などの足の変形が進み、重心がずれてしまうのでよりウオノメが出来やすい足になってしまいます。

特に脳卒中後の麻痺や慢性関節リウマチなどの疾患を患っている人は足が変形し、一定の部位に体重がかかりやすくなります。また膝や腰が悪い方も同様です。
その他、足裏の脂肪の減少や循環不全なども原因のひとつです。

たこ・うおのめの診断とは?

診察だけで診断がつくので基本的に検査は必要ありません。
しかしうおのめとウイルス性イボである尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)は似ている場合があります。その場合は拡大鏡で観察し、小さな黒い斑点があるのが尋常性疣贅です。うおのめと尋常性疣贅では治療法が異なります。

 

たこ・うおのめの治療とは?

たこやうおのめは原因が取り除かれない限り再発することが多い疾患です。定期的に病院にかかり、フットケアを受けることで健康な足を保つことも重要です。

圧迫や摩擦を避ける

足の特定の場所に圧迫や摩擦が起こらないように歩き方を矯正する、足にあった靴を履くことが大切です。靴の中敷き(インソール)で調整することも有用です。

削る

硬く食い込んでいる部分をメス、眼科用のハサミ、ニッパー、コーンカッター、ドリルなどで削って痛みを除去します。少し痛みを伴うこともありますが、麻酔を使うほどではありません。うおのめの芯がとれると、歩行時の激しい痛みが軽減され劇的に歩きやすくなることが多いですが周りに炎症がある場合は痛みが引きづらいこともあります。

薬物療法

足の角質を軟らかくする塗り薬や貼り薬を使用します。

たこ・うおのめを放置すると?

たこを放置していると芯を持ってうおのめに進行することもあります。
またうおのめをこじらせていると、難治性の潰瘍や重篤な感染症につながることがあります。特に長年糖尿病を患っていると感覚が低下していることが多く、悪化に気がつかないまま放置され、感染が拡大し足が腐り、切断となるケースもあります。そのため毎日のフットケアと定期的な通院が大切です。

たこ・うおのめのケア・予防とは?

再発させないようにするには足の形を元に戻すことですが、長年の歩行により変形した足を元に戻すことは困難なようです。そのため削った後は、以下の点に気を付けましょう。

塗り薬を継続する

角質層を軟らかくする作用があるサリチル酸ワセリンを外用しておくと再発を抑制することが出来ます。

靴と足のフィッティング

ヒールや細身の靴は出来るだけ避け、足に負担をかけないようにしましょう。
足に合った靴を選び、きつい靴はもちろん、ゆるすぎる靴もいけません。そのため靴を選ぶときには、底が柔らかくクッション性の良いもの、体圧を分散してくれるものを選ぶ必要があります。サイズを合わせて、紐を締めたりベルトをしっかり留めることで擦れを防ぎます。

足への荷重を分散させる

肥満は足への負荷が多くなるため、ダイエットが推奨されます。
足底パッドや歩き方の指導など、圧迫刺激を避ける対策をしていきます。
歩行異常や骨の異常の可能性がある場合は整形外科を受診します。
また、足の荷重がかかる部位の刺激を減らす道具『ポリマージェルパッド』があります。

このような様々な対策をして、再発を予防していきましょう。
最後に、足の異常は身体への訴えそのものです。その訴えに耳を傾け、靴を見直し、歩き方や運動習慣を見直すといった行動を起こすことが最も大切なのです。

イボとミズイボ、ウオノメとタコ─どう違うのですか?- 皮膚科Q&A(公益社団法人日本皮膚科学会)

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME