メニュー

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは美容治療の一種です。
顔に薬剤を塗布することで、肌の古い角質を取り除くと同時にお肌の新陳代謝を整え、ニキビや黒ずみなど肌トラブルの改善へと導きます。

目次

ケミカルピーリングとは?

ケミカルピーリングとは、サリチル酸マクロゴールなどの薬剤をお顔全体に塗布し、肌表面にある汚れた古い角質や表皮を取り除き、ニキビ・ニキビ跡などの肌荒れ、毛穴の開きや黒ずみ、お肌のくすみやハリなどの改善に適した治療です。
本来、健康な肌は約28日周期で生まれ変わります。
年齢とともにこの周期が乱れ、肌表面に残った古い角質が溜まり、ニキビや毛穴の開きなど様々な肌トラブルの原因となってしまいます。
ケミカルピーリングは薬剤に含まれた美容成分が表皮の深部まで浸透し、肌の周期が正常化されることで、肌質の改善効果が期待できる治療です。
また、光治療やイオン導入を併用することでシミや、そばかすなどの色素沈着の改善にも有効です。

ケミカルピーリングの適応とは?

以下でお悩みの方はご相談ください。

  • 毛穴の開きや黒ずみが気になる方
  • ニキビ・ニキビ跡を改善したい方
  • シミ・くすみ・色素沈着にお悩みの方
  • 小じわにお悩みの方
  • ハリや弾力を取り戻したい方

ケミカルピーリングは肌の周期を整えることで、さまざまな肌トラブルの改善効果が期待できます。
ダウンタイムも少なく、肌への負担も多くありません。

また、以下の人は施術をお断りする場合があります。

  • 皮膚感染症(ヘルペス、とびひ、イボ等)の方
  • 皮膚に損傷や炎症がある人(皮膚炎、日焼け直後、脱毛直後、剃毛直後等)
  • 妊娠中・授乳中の方
  • 治療中の病気がある方
  • ケロイド体質の方

ケミカルピーリングの副作用・注意点とは?

当院では、治療後のトラブルがほとんどなくかつ安全で効果的なピーリング剤のみを導入しております。
施術中はほとんど痛みを感じないことが多いですが、ヒリヒリ感やむず痒さといった刺激を感じる場合があります。
ダウンタイムはほとんどありませんが、敏感肌や肌の状態によっては、肌の赤みや乾燥による肌荒れや、薄皮がむけるような症状が出る場合もあります。しかし、いずれも2~3日で症状が改善するケースがほとんどです。

また、ケミカルピーリングの施術後のお肌は日焼けしやすい状態です。
そのため、施術後1~2週間は外出時にUVカット効果のある日焼け止めを使用してください。

ケミカルピーリングの施術前の注意点として、施術前日の顔剃りやパック、スクラブ洗顔は避けるようにしてください。
角質が傷んでいるとケミカルピーリング必要以上に深くなる可能性があるためです。

ケミカルピーリングの頻度や回数とは?

ケミカルピーリングは、一回の治療でもある程度の効果は実感できます。
しかし、ニキビやシミなどの症状を改善するには、複数回の施術が必要です。
たとえば中等度のニキビの場合は6回、重度のニキビの場合は平均10回の治療が目安となります。
そのため症状にもよりますが、ニキビの改善には6~10回程度の施術回数が必要です。

また、ケミカルピーリングの施術頻度は2週間に1回が目安です。
効果を確認できたら徐々に間隔を空けていき、1ヶ月~1ヶ月半に1回の頻度にすることで肌への負担を抑えます。

ケミカルピーリングの種類は?

ケミカルピーリングはさまざまな種類があり、それぞれ用いられる薬剤が異なります。
当院では以下の2種類のケミカルピーリングを導入しています。

サリチル酸マクロゴールピーリング

サリチル酸マクロゴールピーリングとは、サリチル酸をマクロゴール基剤に溶かしたピーリング剤を用いて、古い角質を溶かして肌質を改善するピーリング治療です。

効果
  • 美白、美肌
  • ニキビ、ニキビ跡
  • 毛穴の開き、黒ずみ
特徴

サリチル酸の強力な角質溶解作用により、皮膚の角質層のみを剥離することができ、規則正しい角層が新たに誕生します。
従来のピーリング剤(グリコール酸、乳酸)によるピーリングと比較しても、ムラなく角質を取り除くことができ、ニキビや毛穴の黒ずみなどに高い効果が期待できます。

マクロゴールはサリチル酸が皮膚深部に浸透するのを防ぐため、炎症や瘢痕形成をおこすことなく、毛穴の奥まで含めた皮膚の角層だけを剥離することができます。
角質層以外の細胞を傷つけることがないため、赤みや痛みがほとんどなく、アトピーのある方や敏感肌の方でも行えます。

マッサージピール(コラーゲンピール)

マッサージピールは「PRX-T33」という薬剤を用いたケミカルピーリングです。

効果
  • しわ、たるみ(顔、首、デコルテ、手の甲など)
  • 美白効果
  • 色素沈着(首、脇、肘、膝、ヒップなど)
特徴

主成分はトリクロロ酢酸(TCA)・過酸化水素・コウジ酸の3つです。
トリクロロ酢酸が真皮層にある線維芽細胞を刺激し、コラーゲンの生成を促します。
過酸化水素がトリクロロ酢酸による炎症作用を抑制、メラニンの生成を抑制してシミやくすみの改善へと導きます。
コウジ酸の美白作用で色素沈着を改善します。

毛穴の引き締めやニキビの改善をはじめとする、さまざまな肌トラブルの改善が期待できます。

ケミカルピーリングの他の美容医療との併用は?

ケミカルピーリングは、効果を上げるために、イオン導入や光治療、ダーマペン4との併用がおすすめです。
イオン導入とは、微弱な電流を用いてビタミンCやトラネキサム酸などの美容成分を肌に浸透させる治療です。
ケミカルピーリング後は、古い角質が取り除かれ、美容成分が吸収されやすい状態になっています。そのため、イオン導入による美容成分が肌の深部にまで浸透しやすくなり、相乗効果が期待できます。

イオン導入について

また古い皮脂や毛穴の汚れを酸の力で除去した後は、よりシミが浮き出るため、光治療を併用することで相乗効果が期待できます。

セレックVについて

ダーマペン4とは、肌に針を刺すことで極小の穴を形成し、コラーゲンの生成を促進し、肌質を改善する治療です。
ケミカルピーリングと併用することで、ダーマペンで開いた穴に、ケミカルピーリングの薬剤が浸透し、相乗効果が期待できます。

ダーマペン4について

ケミカルピーリングの料金は?

イオン導入、光治療と併用の場合は割引があります。
顔以外にも施術可能です。
その場合は面積に応じてお値段設定させていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

自費料金はこちら

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME