メニュー

男性型脱毛症(AGA)/女性男性型脱毛症(FAGA)

ほとんどの脱毛は放置していると進行してしまいます。
そのため、早めに気づいて早めの対策をとることが大切になります。
脱毛症には数多くの種類があり、原因も症状も様々です。
原因が違えば治療法も異なり、回復するかどうかの経過も違います。
当院では様々な脱毛症(円形脱毛症・抜毛症・感染性脱毛症)など幅広く対応しております。

ここでは男性型脱毛症(AGA)/女性男性型脱毛症(FAGA)について詳しくご説明します。

目次

男性型脱毛症(AGA)とは?

男性型脱毛症(AGA)とは、男性ホルモンの影響により薄毛が進行する脱毛症です。
薄毛や抜け毛に悩む男性の多くは男性型脱毛症(AGA)が原因といわれており、思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。
毛包が十分に成長しないため、髪の毛が太く長く育たないうちに抜けてしまいます。

男性型脱毛症(AGA)は進行性の脱毛症なので、対処せずに放置すると症状が進行していきます。
進行しないうちに治療を開始することで、早期改善が期待できます。

男性型脱毛症(AGA)の原因とは?

AGAにつながる理由としては以下が挙げられます。

男性ホルモン 男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼという酵素によってジヒドロテストステロン(DHT)に変換され、髪の毛を軟毛化させてしまいます。
これがヘアサイクルの成長期を短くする原因物質と考えられています。
成長期が短くなることにより、髪の毛が長く太く成長する前に抜けてしまいます。
遺伝 AGAを誘発する5αリダクターゼの活性度の遺伝
生活習慣 食生活の乱れ・運動不足・睡眠不足が血行不良や頭皮環境の乱れ
ストレス ストレスによりホルモンバランスや交感神経・副交感神経の乱れ
外的要因 毛髪のカラーリング・パーマ・整髪料・シャンプーなどの外的要因の頭皮環境の乱れ

女性男性型脱毛症(FAGA)とは?

FAGAは文字通り、女性に起こる脱毛・薄毛のことを示します。
女性の3人に1人が悩むといわれ、思春期以降、特に40~50代から閉経以後に多くみられる脱毛症で細い髪が増え全体のボリュームが少なくなるのが特徴です。
FAGAで現れる主な初期症状としては、分け目が広がったように感じたり、抜け毛が増えたりします。

症状が進んでいくにつれ、髪が全体的に薄くなったように感じることが多いようです。
さらに進行すると、頭頂部から脱毛していく範囲が徐々に広がっていきます。

女性男性型脱毛症(FAGA)の原因とは?

FAGAにつながる理由としては以下が挙げられます。

女性ホルモンの減少 加齢や出産などに伴う、ヘアサイクルに影響をもつ女性ホルモンのバランスの乱れ
過度なダイエット 無理な食事制限を続けると、髪の成長に必要な栄養が不足し薄毛を悪化させることがあります。
遺伝  
自律神経の乱れ ストレスの蓄積や睡眠不足などの生活習慣の乱れにより自律神経が乱れ、ホルモンバランスの乱れにつながる
血行不良 毛髪の成長に必要な栄養分が届きにくくなる
頭皮環境の乱れ フケや頭皮の過剰な乾燥など
生活習慣 喫煙による頭皮の血行不良、過度な飲酒による髪の栄養素不足
ヘアケア・ヘアスタイル ヘアカラーやパーマによる頭皮のダメージ

男性型脱毛症(AGA)/女性男性型脱毛症(FAGA)の診察・検査とは?

脱毛症の原因はAGA/FAGAだけではありません。
まずは丁寧に問診をし、抜毛テストや皮膚の炎症所見などの診察をします。

また脱毛症の診察にはトリコスコピーを活用しています。
これはダーモスコープという拡大鏡を用いて毛の状態を確認することで、脱毛症の診断や病勢把握には欠かせません。

甲状腺や免疫機能の異常など別の内科的疾患が原因で髪が抜けることもあります。
そのため血液検査で、より慎重に正確に判断していきます。

また、投薬治療が可能かどうかを判断するためにも必要です。
体内に取り込まれた薬は主に肝臓で代謝されるため、肝機能が低下されている方は、処方をお断りする場合もあります。
一方で内服してしばらくしてから肝機能障害が出現してくる方もいらっしゃいます。
そのため、安心・安全に治療を受けていただくためにも、治療開始前や数カ月~1年に1度の採血を推奨しております。

男性型脱毛症(AGA)の治療とは?

個人差はありますが、治療開始3~6カ月目あたりで効果を実感し始めます。
発毛効果のミノキシジル、抜け毛抑制のフィナステリド・ザガーロが代表的です。
作用が異なるため、両者を併用し効果を高めることもできます。
注入療法、植毛などは当院で導入しておりません。

内服薬

維持・脱毛予防効果

プロペシア(フィナステリド)やザガーロ(デュタステリド)には薄毛・抜け毛の進行を止める作用があります。
男性ホルモンを抑えることで効果を発揮します。フィナステリドよりもザガーロのほうが男性ホルモンをより強力に阻害するため、効果があります。

効果を実感するためには数か月は続けて内服する必要があり、半年以上の治療で有効率は80%近くといわれています。
また、ミノキシジルとの併用治療が可能です。

副作用 肝障害、性機能低下など
そのため治療開始前、内服治療中の採血を推奨しています。
治療が行えない方 重度な肝臓病、前立腺癌、女性、ご妊活中の方

※フィナステリド・ザガーロ服用中は献血が行えません。行う場合は、フィナステリドの場合は最低1か月、ザガーロの場合は最低6か月の休薬が必要です。

発毛効果

ミノキシジルの頭皮の血行促進と髪の毛を作る毛母細胞の活性化といった発毛効果を全身に作用させます。
月額費用:5,000~12,000円

副作用 血圧低下、むくみ、初期脱毛、多毛、頭痛、動悸・めまい、消化器症状など。
治療が行えない方 重度な高血圧・低血圧症、心臓病、腎臓病、肝臓病、妊娠中、授乳中

※ミノキシジル服用中は献血が行えません。行う場合は最低1か月の休薬が必要です。

外用薬

ミノキシジル

当院では、ミノキシジル5%を配合した男性専用の育毛剤が男性用リゲインを取り扱っています。
頭皮に直接つけるフォームタイプで、髪が薄い部分にも集中的にケアできます。
副作用として、アルコールが含まれている為、かぶれたり、赤くなる事があります。

AGA治療は、完全に治療をやめると再び薄毛になります。
しかし必ずしも一生治療が必要な訳ではなく、毛量が増えたら薬の量を減らすといった方法がありますのでより詳しく診察にてご説明いたします。

女性男性型脱毛症(FAGA)の治療とは?

個人差はありますが、治療開始3~6カ月目あたりで効果を実感し始めます。
発毛効果のミノキシジル、抜け毛抑制のスピロノラクトンが代表的です。
作用が異なるため、両者を併用し効果を高めることもできます。
その他にも、毛髪サプリメントをご用意しております。
注入療法、植毛などは当院で導入しておりません。

内服薬

毛髪サプリメント

日本人女性のための毛髪サプリメントOgshiも効果的です。
不足しがちな栄養素+鉄分をバランス良く摂取し、発毛環境を整えてくれます。割れにくい丈夫な爪も期待できます。
授乳中・妊娠中の方や産後の方も、安心してお召し上がりいただけます。

維持・脱毛予防効果

スピロノラクトンには薄毛・抜け毛の進行を止める作用があります。
さらに、利尿作用がある治療薬の為、副作用にむくみなどが確認されている発毛薬のミノキシジルとの相性が良く女性の薄毛治療において、スピロノラクトンとミノキシジルは併用されるケースがあります。

副作用 頻尿、口や喉の乾き、低血圧、生理不順、乳房痛など
治療が行えない方 重度な高血圧・低血圧症、心臓病、腎臓病、肝臓病、妊娠中、授乳中
発毛効果

ミノキシジルの頭皮の血行促進と髪の毛を作る毛母細胞の活性化といった発毛効果を全身に作用させます。

副作用 血圧低下、むくみ、初期脱毛、多毛、頭痛、動悸・めまい、消化器症状など。
初期脱毛は新しく生えようとする毛髪が古い毛髪を押し出す現象で、正常反応です。
約20%の方に体毛が濃くなることがありますが、服用を中止すると徐々に戻ります。
治療が行えない方 重度な高血圧・低血圧症、心臓病、腎臓病、肝臓病、妊娠中、授乳中

※ミノキシジル服用中は献血が行えません。行う場合は最低1か月の休薬が必要です。

外用薬

ミノキシジル

ミノキシジルには頭皮の毛細血管を広げ、頭皮全体に髪の発育に必要な栄養素を行き渡らせることで、毛母細胞を活発にさせ髪の発育を促す効果があります。
当院では、そのミノキシジル2%/5%を配合した女性専用の育毛剤、女性用リゲインを取り扱っています。
女性用ロゲインには血管拡張作用がある有効成分ミノキシジルが含まれています。

さらに、プロピレングリコールという化粧品などに含まれている保湿成分が含まれています。
このプロピレングリコールより、頭皮を乾燥から守ることで頭皮の環境を整えます。
頭皮に直接つけるローションタイプ/フォームタイプで、髪が薄い部分にも集中的にケアできます。

副作用として、アルコールが含まれている為、かぶれたり、赤くなる事があります。

男性型脱毛症(AGA)/女性男性型脱毛症(FAGA)の費用とは?

ミノキシジルはもともと高血圧の治療薬として処方されていたため、血圧の経過の観察は非常に重要です。
当院では、安心・安全に治療を提供するために、個々の患者様の状態、副作用に応じて服用量を提案しています。

自費料金はこちら

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME