メニュー

ハイドロリリース(筋膜リリース)

ハイドロリリースは、痛みを軽減する事出来る、最近注目され始めた新しい治療方法です。
痛みのある箇所をピンポイントに治療でき、即効性があるので、『今すぐ痛みを治したい』『長年色々な治療をしたが治らない』方におすすめです。
長く痛みにお悩みだった方、原因不明の痛みに困っている方は、お気軽にご相談ください。

目次

ハイドロリリース(筋膜リリース)とは?

こりや痛みのある症状には、筋肉を包んでいる筋膜や、周囲組織と癒着した神経が関与していることがわかってきました。
悪い姿勢を長時間続けたり、無理のある動作が繰り返されると、全身の筋肉とそれを包む筋膜が炎症・血行不良を起こし、筋膜の癒着が生じます。
この筋膜の癒着により、スムーズに動いていた筋肉の動きが制限され、これが身体のいろいろな部位のツッパリ感、肩こり、腰痛などの原因と考えられます。
これまでは、押して痛い部位を探して局所麻酔薬などを注入する方法、トリガーポイント注射が一般的に行われてきました。
しかしその場合「深さ」は考慮されないため、効果にばらつきが出るのが欠点の一つでした。

ハイドロリリース(筋膜リリース)は、超音波検査を使用してリアルタイムに筋膜や周辺組織を確認しながら、筋膜へ正確に薬液を注射することが出来ます。
それにより、筋膜の癒着を剥がし、筋肉の動きを改善し、痛みやこりなどの症状を和らげることが出来ます。
また最近では神経の癒着を剥がす効果も認められ、当院では手足や局所のしびれに対してもハイドロリリース(筋膜リリース)を施行しています。

従来の局所注射との違い

痛みなどの症状がある場所への局所注射は、痛み止めや麻酔薬などを使ってその薬剤の効果で痛みを緩和していました。
ハイドロリリース(筋膜リリース)では、痛みなどの症状の原因となっている筋膜や神経の癒着を剥がすことを目的に行いますので、微量の麻酔薬が含まれた生理食塩水を注射しています。

また、局所注射の場合は薬剤の効果がなくなれば症状が再び戻りますが、ハイドロリリースでは原因になっている癒着が解消できるため、改善効果が比較的長続きすることが期待されます。

ハイドロリリース(筋膜リリース)の適応

五十肩、肩こり、腰痛や背部痛、首の痛み、膝痛、手の痛みなど、押して痛みのある筋肉の痛みについて様々な部位に効果があります。
今まで痛み止めや湿布薬での効果がなく痛みに悩んでいる方は、是非ご相談ください。

  • 肩、背中痛みにお悩みの方
  • 腰、膝の痛みにお悩みの方
  • 臀部の痛みにお悩みの方
  • マッサージや鍼治療、整体で痛みが改善しない方
  • その他いろいろな治療を試したけれど改善しない方
  • 低侵襲治療を希望されている方

ハイドロリリース(筋膜リリース)の効果

ハイドロリリース(筋膜リリース)では筋膜が正常な状態に戻るため、筋膜の癒着やしこりによって起こっていた慢性的な痛みやしびれの解消につながります。
また、筋膜のこりが取れるために、可動域が増えることになり、結果として体を動かしやすいと感じる方が多くいらっしゃいます。
効果には個人差があり、1回の注射でよくなる方もいれば、頻回の注射が必要な方もおられます。

ハイドロリリース(筋膜リリース)の施術の流れ

  1. 問診や診察から痛みの原因となっている筋肉・筋膜や神経の部位に目星をつけます。
  2. 超音波を当て、痛みの原因となっている部位を正確に診断・特定し、注射部位を決めます。
  3. 超音波検査を使って注射の針先を目的の部位にピンポイントで誘導し、薬液を注入する事で物理的に筋膜や神経の癒着をはがします。
  4. 筋膜の癒着が剥がれると筋肉の滑走性が改善し、痛みが和らぎます。
    神経や血管は筋膜の中を走行しているので、リリースにより神経や血管の圧迫が解除され、神経障害性の痛みや血流障害に伴う痛みも緩和されます。

当院では、できるだけ細い針を使用して、皮膚に刺すときの痛みを軽減する工夫をしています。
注射による痛みをゼロにできるわけではありませんが、ゼロに近づけるよう工夫をしています。

ハイドロリリース(筋膜リリース)の副作用

注射部位の痛み、腫れ、内出血をきたす事があります。
またごく稀に、注射部位から感染し化膿する事があります。
ハイドロリリース(筋膜リリース)は癒着を剥がす事が目的なので、使用するのは生理食塩水と極少量の麻酔薬・鎮痛薬です。
従って副作用の心配がほとんど無く、患者さんの体への侵襲が少なく効果の高い治療です。

血液をサラサラにする薬を服用している方、出血傾向がある方は、注射後に出血や血腫をきたすリスクが高くなる場合があります。

ハイドロリリース(筋膜リリース)の治療後の注意事項

治療当日は入浴して大丈夫です。 多くの方は注射後から症状改善が得られますが、組織の間に5~10mlの液体が入るため、しばらくは重い感じが残る方もいらっしゃいます。
治療効果には個人差があり、おおよそ数日から2週間前後です。
治療部位の安静は必要ありません。

ハイドロリリース(筋膜リリース)の効果を保つためには、筋・筋膜、靭帯、神経などの状態を良好に保つことが大切です。
そのため、注射で癒着が取れて、動きが良くなり、痛みが取れたとしても、悪い姿勢や悪い生活習慣を続けていると容易に再発します。
再発をしないためには、ストレッチや筋力強化、運動の習慣を身につけ、日常生活における猫背や丸くなった姿勢の改善に取り組むことが大切です。

ハイドロリリース(筋膜リリース)の費用について

1か所(例:右肩、左肩、腰部など) 3,300円(税込)

自費診療での取り扱いになります。

診察の結果、トリガーポイント注射や神経ブロックなど保険診療の場合もありますので、必ず保険証を持参してください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME