メニュー

Qスイッチルビーレーザー

シミ取りレーザーのゴールドスタンダード治療機です。 光治療などで取れないシミでも高確率で取ることが出来ます。

Qスイッチルビーレーザーとは?

Qスイッチとは瞬間的に高いパワーのレーザー光を発する装置です。 694nmという可視光線の一部の波長を持っており、出力の高いレーザー光を利用します。 周辺の皮膚や血管などの正常組織を傷つけることなく、メラニン色素だけをピンポイントで破壊してくれるレーザーです。

シミやあざ、青あざなどの色素性疾患は、メラニン色素が原因で引き起こされるため、Qスイッチルビーレーザーで治療が可能です。

皮膚の浅い部分から深い部分も効果的に破壊するため、青・黒・茶色・色調の薄いものまで様々なタイプの治療が可能です。

原因も色も異なるシミは、その種類を見極めて治療をおこなうことが大切です。

Qスイッチルビーレーザーなら、お肌や症状に応じて、一人ひとりに合った治療が可能です。

Qスイッチルビーレーザーの適応とは?

以下でお悩みの方はご相談ください

  • シミ・そばかすが気になる方
  • 手のシミが気になる方
  • ほくろが気になる方
  • 一度で治したい、なるべく少ない回数で治したい方
  • 光治療など他の治療でシミ・そばかすが薄くならない方
  • 大きなシミがある方
  • 以前シミの治療をしたが再発した方

以下の方は施術をお断りする場合があります

  • 日焼けをしている方、今後日焼けをする予定の方
  • 治療部位の皮膚に切り傷、炎症、術後、悪性腫瘍がある方
  • 光線過敏症、光感受性を増強させる薬剤服用の方
  • 治療部位に金の糸を入れている方
  • 眼球付近の照射
  • 出血性疾患のある方
  • 肝斑への照射
  • ケロイド体質の方
  • 妊娠中の方
  • てんかん発作の既往のある方

盛り上がったイボやほくろなどの隆起性病変の場合は、炭酸ガスレーザーの適応となります。

炎症後色素沈着や肝斑の場合は、内服薬と外用薬の適応となります。

お肌や症状に応じて、お一人お一人に合った治療法を提案いたします。

Qスイッチルビーレーザーの詳細情報とは?

処置時間 5〜10分程度
痛み 輪ゴムでようなパチンとした痛み
ダウンタイム 約1〜2週間程度
副作用 かさぶた、色素沈着、色素脱失、点状出血、びらん、かゆみ

麻酔は基本的に行われませんが、痛みが不安な方にはアイス冷却や麻酔クリーム、麻酔テープを使用することも可能です。

Qスイッチルビーレーザーの施術の流れとは?

一般的な施術の流れは、以下の通りです。

  • カウンセリング
    まずは患者さまのお悩みやご希望を聞いた上で、患者さま一人ひとりに合った治療法をご納得いくまで説明します。 予約に空きがあれば当日施術も可能です。
  • 施術
    まずは、クレンジング・洗顔で化粧や皮脂の汚れを落とします。 施術時間は個数にもよりますが、5分程度です。
  • アフターケア
    施術後は、炎症を抑える軟膏を塗布しテープで保護します。 照射後の日焼けや摩擦などで色素沈着になりやすくなるため、必ず10~14日間はテープをつけたままにする必要があります。
    アフターケアの必要性や具体的な方法について、ご理解いただけるよう、しっかりと説明します。
  • 再診
    施術後2週間前後に経過をみます。 照射部位の経過観察は非常に重要です。

Qスイッチルビーレーザーの治療後の経過とは?

治療には個人差がありますが、一般的に次の治療経過で進められます。

 

照射直後は治療部位が白く見えます。

治療後1週間以内にかさぶたができることが多いです。 一方で、ADMや深い場所にできるシミ、淡いシミなどの施術後は、かさぶたができないことがあります。 ※無理にかさぶたを剝がしてしまうと、色素沈着が残りやすくなります。 ※照射部位のお化粧は、かさぶたが取れるまではご遠慮ください。

治療後1~2週間程度でかさぶたが剥がれ落ちます。 かさぶたの下にできた新たな皮膚は、若干赤みがあるピンク色です。 ※剝がれた後は、3か月程度患部に日焼け止めを使用しましょう。

約半数の方は、治療後3~6か月で色素沈着がない元の肌の状態に戻ります。

残りの約半数の方は、いったん消失したはずのシミが再発したように色素沈着します。 これを炎症後色素沈着といいます。 これは一時的なもので、6か月~1年程度でゆっくりと自然に薄くなります。 強い炎症後色素沈着がある場合は、外用薬などの美白剤でアフターケアをします。 ※皮膚のバリア機能が極端に低下している人やご高齢の方、日焼けをしやすい方は炎症後色素沈着が消失するまでに時間を要したり完全に消失しない場合もあります。

Qスイッチルビーレーザーの料金や回数は?

施術料金は、施術範囲やショット回数によって変動することが多いです。

1ショットで直径5㎜の正六角形の範囲に照射していきます。 直径1㎝だと10~15ショットが目安です。

自費料金はこちら

そばかすやシミの場合、1回の治療で終わる場合もあります。 ほくろや青あざをはじめ、扁平母斑や太田母斑などの症例では皮膚の深いところに色素があるため複数回の治療が必要です。

症状 施術回数
そばかす 1~2回
シミ 1~2回
唇のシミ 1~2回
ほくろ 5~6回(1か月毎)
青あざ・ADM 4~6回(3~6か月毎)

当院のQスイッチルビーレーザー治療の特徴とは?

安心の導入機器

患者様のお悩みにしっかりとお応えし、ダイレクトにメラニン色素に反応しながらも肌に対する負担の少ない高機能レーザーを厳選して導入しています。

従来のレーザーは低出力への切り替え機能が不十分であったため、肌へのダメージが強すぎる傾向がありました。低出力に調整できない場合、色の濃いシミに対して必要以上の出力で照射してしまうことがあります。

当院の導入機器は、高出力はもちろんのこと低出力での照射が可能のため、病変の深さによって出力を調整することによってダメージを最小限にして治療が可能となります。

また、レーザーの照射野のエネルギー密度を均一にする技術があり、病変の完全除去に必要な反応が得られます。

さらに、照射野の形が正六角形をしており、重ね射ちや照射もれが少なく、均一照射を可能にします。

これらにより、治療の効率を高め、炎症後色素沈着や色素脱失、瘢痕などの副作用のリスクの軽減が期待されます。

効果や安全性が評価され、取得の難しいといわれる厚生労働省の医療承認が与えられている国産の機器ですので、安心して治療をお受けできます。

症状に合った最適な治療法をご提案

お一人お一人の皮膚の色調やシミの深さなどの状態に合わせて、照射出力や照射位置、ショット回数を調整いたします。より少ないダメージで確実な効果が実感出来るよう、丁寧な施術を行います。

安心のアフターケア

治療後、ご家庭でケアをしていただくことで仕上がりはさらに美しくなります。 当院では、外用薬「トレチノイン」や「ハイドロキノン」など様々なホームケアをご用意しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME